日本と海外の架け橋に!日本語教師の魅力を徹底解説

HOME>Topics>日本語教師を目指すなら〜やりがいのある仕事にチャレンジ〜

需要が高い仕事

これからますます活躍が期待される職業に日本語教師が挙げられます。インバウンド政策の影響で訪日外国人が急増している昨今ですが、日本語を学びたいと考える外国人留学生やビジネスマンの数も増加傾向にあります。そうしたニーズを受け、質の高い日本語教師が求められているのです。今後もグローバル化が進む中で、日本語や日本文化をいかにわかりやすく教えて伝えていくかということは大切な問題となるでしょう。

日本語教師として活躍できる場所

  • 日本語学校
  • 専門学校
  • 海外の教育機関
  • 国際交流センター
  • 留学生センター
  • 研修センター
  • 教育センター
  • 大学
  • 高校
  • 中学校

責任感が必要!

語学を指導することはとても責任重大です。外国人に間違った日本語や文化を教えてしまえば、とり返しがつかないような場合もあります。専門スクールに通えば適切な指導方法を教えてもらえますので安心です。まずはしっかりと学んでノウハウとスキルを磨いていきましょう。

専門スクールの選び方のコツ

男女

実績が豊富

長い歴史があるスクールなど、実績が豊富で多くの卒業生を輩出しているような専門スクールを選ぶのがポイントです。指導方法がキチンと確立されていますので、信頼性も高いといえます。

就職率がよい

資格を取得しても卒業後実際に働くことができなければ、資格を持て余してしまいますし、生活が成り立ちません。就職率が高いスクールは就職サポートも万全ですので、在学中から安心して学業に集中することができるはずです。

講師のレベルが高い

大勢の生徒に教えている経験豊富な講師が多く在籍するようなスクールを選びましょう。理解もしやすく授業が楽しいと感じるはずです。ホームページなどで経歴なども見ながらチェックしていくといいです。

日本語教師を目指すなら〜やりがいのある仕事にチャレンジ〜

勉強

資格を取得しよう

教師としての実力は、日本語教育能力検定などの資格試験に合格することで認められます。言語の知識だけではなく、教育や心理、社会や文化などの知識を得る対策が必要です。まずは資格合格を目指して勉学していくことが教師になる第一歩になります。専門スクールのコースやプランはスクールによって異なりますので、まずは学校説明会に足を運ぶのがおすすめです。さらに、実際の授業の様子を見学することも有効です。入学前にイメージが掴みやすいので、入学後に挫折することも少なくなるはずです。

広告募集中